« イタリア語(21) | トップページ | イタリア語(23) »

イタリア語(22)

064


イタリア語全45回記載中の今回は 22回目。

イタリア語の解説記載が終了しましたら次にイタリア料理レシピの記載をいたします。
記入確認していませんので誤字や脱字があるかもしれませんが
ありましたらイタリア料理教室 LA BOCCA cucinamica 内で訂正解説します。
下記の記載事項はイタリア料理教室LA BOCCA の生徒さんの為に記載しております。
ご質問等は料理教室内でうけたまわります。

第22回目です。今回は、イタリアで美味しい料理に出会うポイント!

美味しい料理に出会う確立が増える店選びの10ヶ条ポイント!(店の外から見たポイント)
1...例外を除き表通りに面した店は選ばない。一つ奥に入った店を選ぶ。
2...店の間口が狭い店を選ぶこと。
3...日本語メニューあります。には関係なく、店先に出ているメニューが大きい店には入らないこと。
4...店の中に匂いの感じられない店には入らない。(ニンニク臭ではない)
5...中の見えない店は、例外を除き入らないことが無難。(メニューが郷土料理に特色のない店。山の中で海魚がある店)
6...観光客(日本人、外国人)が入っている店には入らない。
7...やたら壁に絵を飾っている店には入らない。
8...太っているカメリエーレ(ウェイター)がいる店には入らない。
9...地名や歴史的人物名の付いている店には入らない。
10...店先があまり綺麗な店には入らない。
11...お客に媚びている感じの店には入らない。
*白ワインの産地なのに赤ワインをメニューに載せている店には入らない。

後は、感を信じて美味しい香りのする店構えを選ぶこと。

これは、あくまで私が感じた一例です。例外も多くありますので、この範囲外も自分の感を頼りに店選びをして下さい。
私も、必ず上記のポイントから掛け離れた店に入り、驚くほど美味しい料理に出会うことがあります。
でも、皆様よりイタリアで外食する回数が圧倒的に違いますので、上記のポイント10の内5ヶ以上の店を
選ぶことをお薦めいたします。 イタリアで食事をする回数が決まっている観光目的では、なかなか美味しい料理に
巡り会うことができないでしょうから、少しでも11のポイントが参考になればと思い記載致します。


さて、お疲れ様でした。今回で口語会話の最終回です。次回からは
もっと会話の質を高める為の文法編でお会いしましょう。
文法と言っても、ここは、イタリア語専門的講習会ではありません。
イタリアで美味しい料理を食べることが前提ですので、できるだけそれに沿って文法を進めて行きたいと思います。
そして、イタリアで買った料理本を読みながらご家庭で料理ができたら、真のイタリア料理ができるかと思います。
Cucina Italiana! Adesso,Facciamo!

記入確認していませんので誤字や脱字があるかもしれませんが
ありましたらイタリア料理教室内で訂正解説します。

イタリア料理教室 La Bocca
シェフが初心者がプロの方まで分かり易く説明する実習の料理教室です。
www.pasta-pizza.com
牧羊犬物語 Old English Sheep Dog
夫婦の牧羊犬の日記です。
www.italia.vc/old/ 
イタリア料理レシピ
コックさんがイタリア料理レシピをご家庭で作れるレシピに変えて紹介します。
www.foods-school.com/
イタリア料理や食材のお取り寄せ
イタリアの食材からピッツァやパスタの通販サイトです。
www.italia.vc , www.italy.vc 
簡単にゴルフが上達する方法
理想的なスイングの作り方を学べます。
http://www.laserstick-golf.com/

|

« イタリア語(21) | トップページ | イタリア語(23) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466969/8539788

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア語(22):

» 日本料理の特色 [サプリメントの情報源]
料理の中でも、日本料理は、季節感や新鮮な素材の持ち味を活かしたヘルシーなメニュー... [続きを読む]

受信: 2007年10月27日 (土) 21時25分

» 狩人風 骨付き鶏肉の煮込み [ドラゴンストーリー 料理 レシピConcierge ]
ミニダリア 狩人風 骨付き鶏肉の煮込みイタリア料理 イタリア料理レシピです。イタリア食材を使用しております。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 17時55分

« イタリア語(21) | トップページ | イタリア語(23) »