« イタリア語(14) | トップページ | イタリア語(16) »

イタリア語(15)

057


イタリア語全45回記載中の今回は 15回目。

イタリア語の解説記載が終了しましたら次にイタリア料理レシピの記載をいたします。
記入確認していませんので誤字や脱字があるかもしれませんが
ありましたらイタリア料理教室 LA BOCCA cucinamica 内で訂正解説します。
下記の記載事項はイタリア料理教室LA BOCCA の生徒さんの為に記載しております。
ご質問等は料理教室内でうけたまわります。

今回は、両替所でお金の交換です。

原則的にクレジットカードがある方はカードを使って日本で精算する方法が一番お得かと思います。
お金の両替でも、近くに銀行の機械があるならカードでキャッシングする方法をお勧めいたします。
何故なら両替所で現金から現金に換えると日本ではない両替手数料がかなりかかります。
また、手数料は無しと書いてあるところは換金率が高くて結局は割高になったりしますので注意が必要
ときたま、手数料が無しで換金率も低い所がありますがまず人通りの良い表通りには無いと思って下さい
ちょっとわき道に入ったり、駅の裏道だったりするところのほうが安いです。
でも、もっと効率の良いのが機械でのキャッシングだと思います。
でも、残念なことに日本語のガイダンスが無く英語かイタリア語フランス語ドイツ語などの言葉が
説明画面で切り替えることができます。
今度の渡航で機械の写真を撮ってきますね。
必要なものはカードと暗証番号と必要な金額のみで現金がでてきます。
カードの機械の使い方は、後半にて説明しましょう。 

そろそろ本題に入ります。
Dov'e' la banca (l'ufficio di cambio)? ドベラ バンカ? 銀行は何処ですか?
そうそう、トラベラーズチェックそのものでは、イタリアでは買い物できませんので両替が必要です。
Puo' cambiarmi quest assegno turistico? プオ カンビアルミ クエスト アッセンニョ トゥリスティコ?
このトラベラーズチェックは両替できますか?
Vorrei cambiare i soldi? (Vorrei cambiare questo yen?) ブォッレイ カンビアーレ クエスト エン?
この日本円を両替したいのですが...?

両替で一番簡単な言葉を一つ!
日本円を両替所の窓口の人に見せて Posso? の一言でいいのです。
Si! と返ってきますので、後はお金を出して貰って完了です。
難しい言葉はいりませんよ。
前回もありましたが、Posso? は万能です。

銀行の自動両替機の使い方...
画面でレートを確認
日本円(5000円 10000円)を入れる
緑のボタンで両替。 赤のボタンでキャンセル
お金とレシートを受け取る(機械によりボタンを押さないとレシートが出ないものがある)
完了

クレジットカードのキャッシング...
ATM からの引き出し
カードを挿入する
言語ガイダンスを選択
パスワードをインプット
金額をインプット
緑のボタンでOK! 赤ならキャンセル
お金を受け取り完了

記入確認していませんので誤字や脱字があるかもしれませんが
ありましたらイタリア料理教室内で訂正解説します。

イタリア料理教室 La Bocca
シェフが初心者がプロの方まで分かり易く説明する実習の料理教室です。
www.pasta-pizza.com
イタリア語教室 cucinamica
コックさんがイタリア語を紹介するサイトです。
www.italia.vc , www.italy.vc 
牧羊犬物語 Old English Sheep Dog
夫婦の牧羊犬の日記です。
www.italia.vc/old/ 
イタリア料理レシピ
コックさんがイタリア料理レシピをご家庭で作れるレシピに変えて紹介します。
www.foods-school.com/
イタリア料理や食材のお取り寄せ
イタリアの食材からピッツァやパスタの通販サイトです。
www.pasta-pizza.com/cucina-etto/
簡単にゴルフが上達する方法
理想的なスイングの作り方を学べます。
http://www.laserstick-golf.com/


|

« イタリア語(14) | トップページ | イタリア語(16) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466969/8439423

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア語(15):

« イタリア語(14) | トップページ | イタリア語(16) »